森のアトリエTENCIEL  暮らし徒然手仕事日記

日々の暮らしの覚え書きとアトリエ創作日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三河木綿

私が住んでいる三河の地は その昔、綿の栽培が盛んで 農家の主婦は野良仕事の合間に
せっせと機織りをしておったそうじゃ

そんな昔話を話す人も少なくなって 三河人の手技は今、工業製品などで発揮されてはいるものの
道具が機械になって「つくること」が人の手から遠く離れてしまっている気がしていました

現代の大量生産大量消費の資本主義に取り込まれ 薄っぺらな生活とモノに踊らされている私たち、
地味で丁寧な手仕事と暮らしはどこへ行っちゃったの?
などと思っていたら ここ三河の地で江戸時代の布作りを再現している方々を発見!

和綿から糸を紡いで草木で染めて手で織る、その名も 「挙母木綿」

等身大の衣のカタチ、
出来上がった布たちのオーラ?半端ないっ!



今日は催事、桜の木の下でキラキラ光る小物販売の布たちを眺めながら いつか 私もこんな布を織りたいと

まだまだ 夢を追いかけています

| 針仕事 needle work | 15:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。